So-net無料ブログ作成

韓国・馬耳山と「塔寺」 [韓国あれこれ]

ソウル・龍山(ヨンサン)駅からKTX(韓国高速鉄道)に乗り湖南(ホナム)線から全羅(チョルラ)線を2時間ほど下ると、全羅北道(チョルラプット)の道庁のある全州(チョンジュ)駅に着く。

マイサン2.jpg

〔上の写真は、「鎮安」から「馬耳山」をのぞむ〕

今回の旅はその「全州(チョンジュ)」が起点。

まずは「鎮安(チナン)」。全州からバスで東の方向に1時間ほど走ると、上の写真のような馬の耳を連想させることから名づけられたという「雌馬耳峰」と「雄馬耳峰」の二つの峰から成る「馬耳(マイ)山」が見えてくる。

この馬耳山を擁するところが「鎮安」という町。この日は雨模様で、残念ながら鮮明な画像は得られなかったが・・・。

〔下の写真は、いずれも「塔寺」の伽藍や積み重ねられた石の塔〕 

タプサ1.jpg

この馬耳山の麓にはいくつかの寺があるが、なかでも「塔寺(タップサ)」と名づけられた寺は、一見して異様で、かつ神秘さを感じさせる。

タプサ4.jpg

急斜面に建つ「大雄殿」の伽藍脇には、大小の石を積み重ねて80もの石の塔がつくられている。それも、説明によるとひとりの僧が何十年もの歳月をかけて築いたという。

タプサ2-2.jpgタプサ2-4.jpg

「鎮安」の市内バスターミナルから、バスに乗り約20分弱で馬耳山の南部駐車場に着く。そこから徒歩で「塔寺」に向かう。 

この日は残念ながら雨降り。ところが「塔寺」に向かう参道には大勢の観光客というか、参拝の人びとの列がつづく。

韓国の“寺めぐり”をしていて、ソウル中心部にある「曹渓(チョゲ)宗」という宗派の本寺である「曹渓寺(チョゲサ)」を除いて、これほど多くの参拝客を見たのははじめて。それほど大勢の参拝客だ。

タプサ4-1.jpgタプサ4-2.jpgタプサ5-2.jpgタプサ5-1.jpg

本殿である「大雄殿」の裏にある小さなお堂は、“パワースポツト”として知られていて熱心に祈りを捧げる人びとが後を絶たないという。

タプサ6-2.jpgタプサ6-1.jpg

下の写真は本殿である「大雄殿」の内部の様子。置かれた仏像が神々しく輝いていたのが印象的でした。

タプサ3.jpg


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 7

うつぼ

馬耳山、という名前ですが、私には猫の耳に見えてしまいました。(^_^)
積み上げた石を見ているだけでもご利益がありそうですね。。
by うつぼ (2012-11-12 16:02) 

k_sarang

雨に煙る馬耳山、雨に洗い清められた塔寺。
いいですねぇ・・・
傘を差しての撮影は大変でしたでしょ。
by k_sarang (2012-11-12 22:13) 

ねこじたん

一枚目の 山 ポッコリポッカリですね
なんか カワイイ感じがします

by ねこじたん (2012-11-12 23:40) 

cocoa051

☆うつぼさん、nice&コメントありがとうございます。
そう言われれば猫の耳にも見えてきました。
韓国でもパワースポツトは人気なんでしょうねぇ。

☆k_sarangさん、ありがとうございます。
そうなんです。雨降りはたいへんでした。
すべてが石づくりなんで、歩くのもちょっと難儀でしたよ。

☆ねこじたんさん、ありがとうございます。
見るからにカワユイ山でしたが、そばに行くとちょっと荒々しくも感じました。

by cocoa051 (2012-11-13 16:49) 

krause

数日前に、全州へ行きましたが、悪天候で馬耳山が見えませんでした。今週、太田からこのエリアに雪が降りました。
by krause (2012-11-16 16:29) 

株の購入

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 株の購入 (2012-12-15 18:36) 

cocoa051

☆krauseさん、ありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ありません。
なにか今年は異常気象のせいなんでしょうか、ソウルも早々と大雪に見舞われたそうですよ。
大統領選も大詰めを迎えて盛り上がりを見せているようですが、どうなるんでしょうか。

☆株の購入さん、ありがとうございます。
by cocoa051 (2012-12-16 15:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。