So-net無料ブログ作成
読書ノート ブログトップ
前の10件 | -

『生命の星の条件を探る』を読む [読書ノート]

生命の星.jpg
 

こんなに本が届くのを首を長くして待ったのは何十年ぶりのことか。それほど早く手にしたいと思った。

1か月ほど前のこと。朝のNHKニュース「おはよう日本」で『生命の星の条件を探る』という書籍と、その著者のことなどが紹介された。さっそく注文したが、アマゾンからの知らせは、届くのは1週間ほど先になるとのこと。しかし、けっきょく届いたのは3日後だった。

著者は東京大学理学系の准教授の阿部豊さん。ALS(筋委縮性側索硬化症)を発症し、闘病を続けながら子供のころに見た“夢”を追いつづけているという。おなじ東京大学で准教授を務められている奥さまとの共著でもある。 

続きを読む


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『高円宮殿下が見た韓国』を読む [読書ノート]

韓国.jpg
 〔本の表紙と帯〕
 
ごくごく最近のことだが、表題にある『高円宮殿下が見た韓国』〔こちら〕という本を読んだ。
 
帯には「皇族初の韓国訪問記」と記されており、2004年11月に東洋経済日報という在日韓国系の新聞社で発行されたもので、高円宮殿下が撮影された写真と、久子妃殿下の綴った文章でまとめられている。さらに全文が韓国語にも翻訳され掲載されており、139頁にわたるB5変形判のハードカバーの装丁本だ。
 
こんな素敵な本が出ているなんて正直存じ上げなかったが、ごく最近知るところとなり、さっそく買い求めたというしだい。 
 

続きを読む


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『東京防災』という「本」 [読書ノート]

東京防災.jpg 
 
過日のこと、ポストに箱入りの素敵な「本」が入っていました。
 
タイトルは『東京防災』。東京都が発行した300ページを超えるパンフレット(?)、というにはよくできた本です。まして箱入りなんです。表紙の上段には「今やろう。災害から身を守る全てを。」と標語が書かれています。
 

続きを読む


nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

“韓国・ひとり旅”のバイブル書! [読書ノート]

レキシキコウ2.jpg【影書房・刊◇2,500円+税】

ことしの夏、『金笠(キム・サッカ)』という詩集〔こちら〕を読み終えたあと、本の巻末にある書籍の紹介の頁を見ていて、『韓国歴史紀行』という本が目に留まった。著者は詩集を翻訳した崔碩義(チェ・ソギ)という方だった。

さっそく注文した。届いた本の目次を開いて、びっくりというか、ある種の感動らしきものを覚えた。これまでcocoa051の訪れた多くの寺や史跡などが登場しているではないか。

続きを読む


nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「是是非非非是是」とは・・・「金笠」詩集より [読書ノート]

キム・サッカ.jpg

〔寧越(ヨンウォル)駅前に建つ「金笠(キム・サッカ)」像〕

もう150年もむかしの話。韓国に「金笠(キム・サッカ)」という、天才とも称される放浪詩人がいたという。

「金笠」とは、本名は別にちゃんとあるのだが、頭に笠をかぶって全国を放浪したことからつけられた通称名というか、あだ名のようなものだそうだ。

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「法頂(ポプチョン)」和尚の随筆を読む [読書ノート]

法頂和尚2.jpg法頂和尚.jpg

〔上の写真(2枚)は生前の「法頂」和尚〕 

この夏、3冊の随筆集を読んだ。

3冊とも韓国の「法頂(ポプチョン)」和尚という高名な僧侶の書いたもの。いずれも日本語に翻訳されたもので、なかでも代表的な『無所有』という随筆はとても感銘深いものだった。

「法頂」和尚は3年ほど前に亡くなった。その一生は波乱に満ちたものだったようだ。 

続きを読む


nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ある『韓国語辞典』への“期待度” [読書ノート]

昨年の暮、cocoa051の誕生日に家内から贈られたプレゼント。以前からほしかった『韓国語文法「語尾・助詞」辞典』(下の写真)だ。

4,830円(税込)と、この種の本では少々高めだったので、踏ん切りがつかないでいた。 

カンコクゴ.jpg

[『韓国語文法「語尾・助詞」辞典』の表紙]

続きを読む


nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『くじけないで』という詩集に胸打たれる [読書ノート]

数日前、『くじけないで』という詩集を読んだ。

51nNJyUPgJL.jpg

[飛鳥新社・刊 本体952円+税]

去年、新聞などでの書評を目にしてすぐに買ったものの、本棚に積んだままだった。正直に言えば、買ったことさえ忘れていた。

続きを読む


nice!(11)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

小説『喋々喃々』にみる“谷根千の街” [読書ノート]

チョウチョウ.JPG

おもしろい小説に出合った。

書名は『喋々喃々(ちょうちょうなんなん)』といい、作者はまだほのかに湯気が立ち昇っているくらいの新人作家の小川糸さん。

続きを読む


nice!(36)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

あまり“おススメ”できない(?)“おススメ”の「本」とは・・・ [読書ノート]

最近、知人の女性弁護士が上梓した一冊の「本」。知人の著書ならわたしの知人にも“おススメ”するところだが、この「本」だけは“おススメ”のしようがない。

その本は『離婚-すすめ方と手続き』(下の写真)という「ハウ・ツー本」だ。

51sBkciSP4L__SL500_AA240_.jpg

続きを読む


nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 読書ノート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。