So-net無料ブログ作成

韓国映画『チケット』を観る [韓国あれこれ]

kimjimi_p.jpgticket.jpg
〔往年の大女優・金芝美さん(左右の写真)〕
 
最近、古い韓国映画をよく観る。日本語の字幕がなくても、何とか7、8割程度を理解できるようになったことがおもな理由かな。
 

もちろん混み入った話とか、地方の方言などが出てくればほとんどお手上げの場合もあるが・・・。

最近、『チケット』(林権澤監督・1986年)という映画をYouTubeで観た。比較的ふつうの言葉が中心なので、概ね理解できたように思う。 

この『チケット』は封切られた頃、ソウルの映画館で観たがまったくと言ってもいいほど理解できなかった。当時、この映画を観ようと思い立ったのは、監督が林権澤さん(「西便制」で有名な監督)ということと、主演女優が金芝美さん〔こちら〕という韓国を代表する女優さんであったことくらい。
 

この映画は売春をテーマとしたもの。タイトルの「チケット」とは、“チケット茶房(タバン)”と呼ばれる表向きは喫茶店だが、コーヒーを出前して売春を行うシステムのこと。ここで働く女性たちを描いた作品で、けっして興味本位なものではない。

金芝美さんはこの“チケット茶房”のマダム役。舞台は江原道の束草(ソクチョ)という港町。おなじ江原道の原州(ウォンジュ)の職業紹介所で選んだ3人のうら若き女性を連れてくるところから映画は始まる。厳しいノルマを課し、果たせなければ罰金まで強いて6~7名の女性たちを無慈悲に働かせる。

老いた両親のクスリ代を送金するために身を粉にして必死に働くミス・ホン。女優を志すミス・ヤンは、客でソウルから来た映画監督を自称する詐欺師にお金をだまし取られてしまう。

いちばん年の若いミス・ユンは、恋人の大学生の学費を援助するために身を売り、挙句に性病に罹り妊娠までする。そのことを知った大学生はミス・ユンを非難し、捨ててしまう。一連の事実を知ったマダムは大学生を呼び出し説得を試みるが、大学生はそれを断る。激昂したマダムは、ついにはその大学生を海に突き落として殺してしまう。

大学生を殺したことで、自らの精神に異常をきたし病院に収容されるマダム。映画は、ここでエンディングを迎えることに・・・。 

この映画は“チケット茶房”で働く女性たちを通して、当時の韓国社会の貧困や社会悪を見つめたものだ。改めて観て、その時代を知らないいまの若い世代には、あるいは遠いどこかの国の出来事くらいとしか理解できないだろうな、と思った。

映画が封切られて30年。歳月というものはこんなに社会を“変貌”させてしまうものなのか。さまざまなことを考えさせてくれた映画『チケット』でした。 


nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 5

ソニックマイヅル

こんにちは。7割8割韓国語を理解されながらの視聴がうらやましいです。多国語が理解できたら楽しいだろうなと思います。^^;
by ソニックマイヅル (2015-10-03 16:23) 

tarou

こんばんは、松江の街並みにコメントを有難うございます。
日本にはたくさんのお城が有ります(^O^)
これから、お城めぐりが楽しみですね。
by tarou (2015-10-04 22:29) 

cocoa051

☆niceを頂戴したみなさま、ありがとうございます。

☆ソニックマイズルさん、ありがとうございます。
韓国語は片手間でやってきたので、なかなか上手くなりません。
友人のアドバイスで、分からなくともとりあえず聞くことが大事
だと聞きまして。

☆tarouさん、ありがとうございます。
小学校のとき親に連れられて姫路城を観てからお城が好きになり
ました。松江城はあこがれです。
by cocoa051 (2015-10-05 16:42) 

はなだ雲

こんばんは、はじめまして
30年前の韓国映画・・
なかなかヘビイなストーリーですネ
なにかひとつでも救いがあればいいんですけど☆
by はなだ雲 (2015-10-06 21:53) 

cocoa051

☆はなだ雲さん、ありがとうございます。
身近なお話、読ませていただきました。

この映画、とてもヘビィに感じますが、下手なワタシの
レビューのせいなんです。厳しさのなかにもマダムの人
間性をそこはかとなく表していて、とてもいい映画でした。
by cocoa051 (2015-10-07 02:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。